糖質制限をすることで効果的に痩せると実践しているダイエッターの方も多いですよね。

しかし、糖質制限は糖の代わりにタンパク質を摂取することを推奨しているダイエット法なのですが、タンパク質を多く摂取すると痛風になってしまのでは?といった声もあがっています。

メタバリアSは糖の吸収を抑えることができるので、糖質制限に効果的とされているのですが、痛風にも影響してしまうのでしょうか?

糖質制限で痛風になる危険性って?

厳密にいえば糖質を制限することで痛風とされているのではなく、糖質制限ダイエットは糖の代わりにタンパク質を積極的に摂るように推奨されていることから、痛風になるのではと懸念されています。

タンパク質には尿酸値をあげるプリン体が多いとされているので、あまりタンパク質を多く摂りすぎてしまっていると痛風になってしまわないのでしょうか?

確かに痛風の原因はプリン体の摂りすぎも原因とされていますが、実際にはタンパク質が多い食事をしたところで尿酸値には大きく影響しないことも証明されています。

尿酸値を上げる主な要因としてはタンパク質を摂取することよりもアルコール摂取や肥満、ストレス過多が発症しやすい原因とされているのです。

そのため、痛風を気にするのであれば、タンパク質の摂取量よりも肥満の原因とある糖質を制限することで、痛風の発症を防ぐ・痛風の症状を緩和させることができるのですね。

メタバリアSは痛風対策にもおすすめ

タンパク質を摂取することよりも、糖質の摂取を抑えたほうがより効果的に痛風を防ぐことができます。

メタバリアSは糖の吸収を抑えることができるので、糖質制限にはぴったりなサプリですよね。

糖の吸収を抑えるとなると、食事制限や味気ない食事しか摂れない・・・と思われるかもしれませんが、メタバリアSを摂取すれば、糖が含まれていてもバランスの良い美味しい食事をしても無理なく体重を落とすことができます。

不満が残るような食生活を続けていても、最初はやる気があって頑張っても次第にそんな生活にも疲れてきてしまいますよね。

あまり糖を節制しすぎると今までの我慢が爆発してしまって、暴飲暴食をしてしまうことも。

過度な食事制限は代謝を下げてリバウンドの原因にもなるので、一時的に痩せることはできてもまたすぐに元に戻ってしまいます。

メタバリアSなら糖の吸収を抑えながら腸内環境を改善し、血行促進されて代謝アップも期待することができるので、痛風にもダイエットのためにもメタバリアSを摂取していきましょう。

メタバリアSだけでは痛風は治らない?

間違ってはいけないのが、メタバリアSは痛風の特効薬ではなく、あくまでも糖質制限サプリなのでメタバリアSを飲めば痛風が治るわけではありません。

痛風になってしまったことには様々な要因があるので、まずは痛風になってしまった生活習慣を見直していかないことにはメタバリアSを飲んでいたとしてもいつまでも痛風を治すことができないでしょう。

まずは痛風の原因となっている食生活を改善し、メタバリアSでサポートすることで痛風の発症を防ぎことができるのですね。

もし痛風が発症してしまったらすぐに医療機関に行き、専門医にきちんと診察してもらいましょう。

メタバリアSで痛風になるどころか、痛風の発症を防ぐのに非常な効果的サプリだということが分かりましたね。

痛風発症の原因である肥満や食べ過ぎを改善するためにも、メタバリアSで糖質制限を行っていきましょう。

ただし、メタバリアSは医薬品ではないので、もしすでに痛風を発症してしまっている場合はすぐに病院に行って検査してもらい、適切な処置を受けてください。