ここ数年で大流行しているダイエット法といえば「糖質制限」です。

糖が不足することでエネルギー消費にケトン体が使われるようになることから、より脂肪燃焼を促し、ダイエット効果をもたらしてくれるとあって人気があるダイエット法ですね。

糖の吸収をカットできるメタバリアSも糖質制限に効果的とされていますが、中には生理不順になるといった情報も出ています。

メタバリアSを飲んで生理不順になることはあるのでしょうか?

糖質制限でなぜ生理不順になるの?

糖の吸収を緩和することができれば、より早く理想の体型へと近づくことができるのですが、女性によって生理不順になるということは子宮に大きく関係してくることなのでもし本当に生理不順になるなら怖いですよね…

生きていくうえで必要な糖が不足してしまうと、人間の体は高ケトン状態となります。

この高ケトン状態になると女性の場合、生理不順を起こす原因となってしまうのですね。

実際に科学的にも検証されており、過度な糖質制限を行った女性のほとんどが生理不順となっています。

糖質制限が流行っていることもあって、糖は体に良くないものと思い込んでいる方も多いのですが、糖は人間が生活するのに必要なエネルギー源なので、過度に制限していると生理不順以外にも様々な症状を引き起こしかねません。

メタバリアSを飲むと生理不順になる可能性はあるの?

糖の吸収を抑える働きがあるので、メタバリアSを摂取したら生理不順になってしまうのでは!?と心配している女性もいますよね。

しかし、メタバリアSを飲んだからといって生理不順になる可能性はありません。

糖質を含んだ食事を全く食べていない状態でメタバリアSを飲んでいると体に必要な糖が不足してしまい、生理不順を引き起こす可能性はあります。

ですが、メタバリアSは栄養バランスのとれた食事をきちんと摂りながら、余分な糖の吸収を抑える働きがあるので、メタバリアSを飲んだからといって生理不順になるわけではないのです。

もし糖質制限中に生理不順になってしまったら

糖質制限ダイエットを行っている最中に生理不順になってしまった場合、無理に続けていると症状が悪化してしまいます。

最悪の場合無月経になってしまうので危険性もあるので、生理不順になったらまずは一度糖質制限を中止してください。

糖質をまた摂るようになると、少し体重が戻ってしまうかもしれませんが、ほとんどが体の中の水分量が増えただけなので、過度に気にする必要はありません。

ある程度の期間、糖質制限を中断してまた生理が再開したら、栄養を考えた食事をしながらメタバリアSを摂取するようにしてください。

もし、糖質制限を一時中断しても一向に症状が改善されなかった場合、病院で検査を受けてください。

生理不順が重症化していると、何もしないでいると元の状態に戻らない危険性もあるので、きちんと専門医に相談し、まずはダイエットよりも生理不順を改善することを優先して行いましょう。

糖質制限すればダイエットに成功するわけではありません。

理想の体型になれたとしても、それで体を壊してしまっては意味がないですよね。

ダイエットを無理なく続けるためには、健康を第一に考えたダイエットを行うことが大事です。

過度に糖質を摂取することで太ってしまうのは本当ですが、だからといって過度に糖質制限をしていては体に大きな負担がかかってしまうので、バランスを考えながらダイエットを進めていきましょう。

メタバリアSを使うことで生理不順になるのではなく、過度な糖質制限をすることで生理不順などの症状を引き起こしてしまうのですね。

極端な糖質制限は止めて、バランスの良い食事を摂りながらメタバリアSでダイエットをサポートしていきましょう。